ゴールボール説明

ゴールボール競技の歴史

ゴールボール競技は、第二次世界大戦で視覚に傷害を受けた傷痍軍人のリハビリテーションの効果を促進するために考案されたリハビリテーションプログラムの一つでしたが、1946年にオーストリアのハインツ・ローレンツェン、ドイツのセット・ラインドルの両氏によって競技として紹介されたのが始まりとされています。

パラリンピック大会には、1972年にハイデルベルグ大会(当時西ドイツ)で公開競技、1976年にトロント大会(カナダ)で正式種目となり、1978年にオーストリアでワールドチャンピオンシップが開かれ世界的に広まっていったとされています。
その後、2002年アジア・太平洋地域の障害者スポーツ総合大会であるフェスピックブサン大会において実施競技として行われ、フェスピック(極東南太平洋身体障害者スポーツ大会)は、現在アジアパラ競技大会となり引き継がれています。

現在、IPC(国際パラリンピック委員会)の加盟団体であるIBSA(国際視覚障害者スポーツ協会)の公認競技となり、またパラリンピック大会夏季大会20競技の一つで、視覚障害者の正式種目(球技)として行われています。


日本におけるゴールボール競技

我が国でゴールボール競技が初めて紹介されたのは、1982(昭和57)年にデンマークのスポーツコンサルタントのクラウス・ボス氏が来日し、東京都立文京盲学校を会場として競技の紹介が行われましたが全国的な普及には至りませんでした。

1992(平成4)年、財団法人日本身体障害者スポーツ協会によりゴールボール競技の本格的な競技規則の翻訳が行われ、ゴールボール競技の全国的な紹介がなされました。これを機に、東京都多摩障害者スポーツセンターや京都市障害者スポーツセンター等でゴールボール教室が開催され、競技の紹介と競技者の育成等に取り組むようになりました。

1994年 フェスピック北京大会で日本は初めてこの競技に参加(結果4位)
同年5月に日本ゴールボール協会が発足
1995年 8月イギリスで開催されたアトランタパラリンピック大会のゴールボール競技予選大会に選手団を派遣
2004年 アテネパラリンピック大会、女子チームが初出場、銅メダルを獲得
2008年 北京パラリンピック大会、女子チームが連続出場、最終結果7位
2012年 ロンドンパラリンピック大会、女子チームが3大会連続出場

さらに同協会主催により日本ゴールボール選手権大会、審判員養成講習会等が毎年開催され全国的な競技の紹介や普及が行われています。

このページのトップへ

競技の概要

この競技は、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決するものです。

このページのトップへ

用具

(1)ゴール
...高さ1.3m×幅9メートル
(2)ボール
...重さ1.25kg×周囲76cm(バスケットボールとほぼ同じ大きさ)
(3)アイシェード
...スキーのゴーグルタイプで、完全に見えない。また目を保護します。
(4)ライン
...幅5cmのラインテープの下に、たこひもを通します。

このページのトップへ

ルール(2014年から2017年ルール、抜粋)

2014年からの主な変更点

  • サードタイムスロー(同一選手が3回以上連続で投げるとペナルティ)がなくなりました。
  • 10秒(テンセカンズ)が、守備をしてからボールを投げ終わるまでではなく、投げ終わったボールがセンターラインを越えるまでとなりました(以前より早く投げないと10秒となる)。
  • ボールオーバーが、センターラインだけでなく、ニュートラルエリアのサイドラインを越えた場合も含まれるようになりました。
  • チームエリアが広くなりました(以前のチームアエリアとランディングエリアを合わせた9m×6mがチームエリアとなる)。
  • チームタイムアウトとチームサブスティテューションが、前後半を通じて計4回となりました(その内1回は前半で取らないといけない)。

(1)コート

コート
  • コートの大きさは、18m×9m(バレーボールのコートと同じ広さ)。
  • ゴールの大きさは、幅9m、高さ1.3m。
  • コートは3m間隔でエリアが分かれており、ゴール側からオリエンテーションエリア、ランディングエリア、ニュートラルエリアとなる。また、オリエンテーションエリアとランディングエリアを合わせたエリアがチームエリアとなる。
  • ラインアウトラインを除く全てのラインには、テープの下にタコ糸を入れて凹凸をつけ、手や足で触って確認できるようなっている。
  • ※新しいコート図は英語表記の物しかないので、別途作成および修正が必要。

(2)試合時間

  • 正規時間(レギュラータイム):12分ハーフ(前半12分・後半12分)、ハーフタイム3分
  • 延長戦(オーバータイム):正規時間内で同点の場合は延長戦を行う。3分ハーフ(前半3分・後半3分)、ハーフタイム3分のゴールデンゴール方式(どちらかが得点した時点で終了)で行う。
  • エクストラスロー:延長戦でも決着がつかない場合は、1対1のエクストラスローで勝敗を決める。

(3)主な反則(ペナルティ)

A.パーソナルペナルティ
@ショートボール 投球されたボールが、攻撃側のチームエリアまたはランディングエリアに触れなかった場合。
Aハイボール 攻撃側のチームエリア又はランディングエリアに触れずに守備側へ投球された場合
Bロングボール  投球されたボールが、攻撃側のチームエリアまたはランディングエリアに触れた後、ニュートラルエリアに触れなかった場合。
Cアイシェード ゲーム中、選手がレフェリーの許可なくアイシェードに触れた場合。
Dイリーガルディフェンス  守備をする際、チームエリアから完全に前へ出てディフェンスを行なった場合。
Eノイズ  投球する選手が、守備側に不利になるような音を出したと見なされた場合。

B.チームペナルティ
@10セカンズ 投球されたボールに守備側の選手が最初に触れ、相手に投げ返したボールが10秒以内にセンターラインを越えなかった場合。
Aイリーガルコーチング オフィシャルブレイク中(ゲームタイマーが止まっている間)以外に、ベンチにいるコーチ等がコート内の選手に指示を行った場合。
Bノイズ 攻撃側のチームが投球する際、守備側に不利になるような音を出したと見なされた場合。

C.ペナルティスローの方法
ペナルティ(反則)をおかした場合、ペナルティスローが課せられる。
@ パーソナルペナルティの場合は、反則をおかした選手が対象となる。
A チームペナルティの場合は、ペナルティスローを投げるチームが相手コートの選手から選ぶ。
B ペナルティスローを受ける選手以外は、コートの外へ出される。
C ペナルティスローを行うチームは、3名のいずれかの選手がインプレー時と同じように投球することができる。
D 守備側の選手がペナルティを犯した場合、そのままゴールにならなかったら再度ペナルティスローを行う。
E ペナルティスローがペナルティになった場合はゴールにならず、そのまま試合を再開する。

D.違反(インフラクション)
インフラクション(違反)をおかした場合、相手チームにボールの所有権が移る。
@プリマチュアスロー レフェリーの「プレイ」のコールの前に投球した場合。
Aデッドボール 投球されたボールが相手プレーヤーに触れることなくチームエリアで止まった場合
Bパスアウト ゲーム中、味方にパスしたボールがコートの外へ出た場合。
Cボールオーバー 守備をして跳ね返ったボールがセンターラインを越えた場合、もしくはニュートラルエリアのサイドラインを越えてコート外へ出た場合。

E.その他
タイムアウト

a.チームタイムアウト 正規時間(レギュラータイム): 1回45秒、前後半を通じて計4回取れるが、その内1回は前半に取らなければならず、取らなかった場合は、そのタイムアウトは消滅する。
延長戦: 1回45秒、前後半を通じて1回取れる。
b.オフィシャルタイムアウトレフェリーが必要に応じて取れる(時間や回数の制約はない)。

(4)選手交代(サブスティッチューション)

正規時間内:前後半を通じて計4回(4人)の選手交代が行えるが、その内1回は前半に行わなければならず、行わなかった場合は、そのサブスティテューションは消滅する。
延長戦(オーバータイム):前後半を通じて1回の選手交代を行える。

(5)エクストラスロー

延長戦でも勝敗が決しない場合は、ラインアップシートの記載順により1対1でスローを行なう。 それでも勝敗が決しない場合は、サドンデスエクストラスローを行う。

(6)レフェリーのコール(反則・違反の判定以外)

  • クワイイェットプリーズ
  • プレイ 
  • アウト
  • ブロックアウト
  • ラインアウト
  • ゴール

(7)レフェリーの吹笛

  • 試合開始:3回
  • ゴール:2回
  • その他の状況(競技の中断・再開、タイムアウト、反則等)やゲーム終了:1回

(8)競技役員(オフィシャル)

  • レフェリー:2名
  • 10秒レフェリー:2名
  • ゴールジャッジ:4名
  • スコア:1名
  • タイマー:1名

このページのトップへ